2月の店休日:1(水)、7(火)、9(木)、12(日)、20(月)その他不定休。事前予約制です

【特別企画!一斉遠隔レイキヒーリング(無料)】第二弾:レイキ誕生100周年キャンペーン

体・氣・心 トータルケアサロン・ 巡 楽 (じゅんらく)のブログを御覧頂きありがとうございます。

巡楽では、

カラダをほぐす 
≪整体≫

エネルギー=氣の流れを良くして人生をより良く生きる
≪レイキ ヒーリング≫

数秘術やオラクルカードを使ってココロのモヤモヤを対話で祓う
 ≪対話カウンセリング≫

自分の性質や運氣を知り、より良く生きる知恵を案内する 
≪数秘術の波乗りリーディング≫

などを、ご提供しております。

旧ブログはコチラから↓

目次

臼井式レイキ誕生100周年なのでナニカしたい…!

↓第一弾キャンペーンはコチラ↓
伝授ご希望の方にはとってもお得な
講座まとめてお申込みで割引キャンペーン!詳細はコチラ
========

そして…
やはりレイキティーチャーとして何か皆さんへできることは無いか…

・・・やります!

特別企画!!
レイキ誕生100周年キャンペーン第二弾!

一斉遠隔レイキヒーリング✨✨

臼井式レイキ100周年を記念して、
特別に、無料でご案内させていただきます!


来年、2023年からの3年間
数秘術では「激動の3年」と言われています。

自分が意識したことが
現象化しやすくなる。

自分で、自分の世界を創造できるということを

ますます強く感じることになるのではないでしょうか。


2023は「7:休息」の年。

「大浄化」「手放す」「本質追究」「内観」・・・


そんな1年間です。

コロナからの3年間、
私達の意識は変わりました。

その変化した新しい意識、
新しい「私」と共に

新しい世界を生きるために。

まだくすぶっているもの
まだ握りしめている、もう不要になったもの

手放してしまいましょう。

そんな意識、エネルギーの大掃除。

2023を軽やかに進むための
巡楽からのプレゼント。
一斉遠隔レイキです。

巡楽にまだご来店されていない方でも大丈夫です。
私と面識の無い方でも大丈夫です。

ぜひご利用ください!

=====
日時:冬至(直前)の 2022.12.21(木)22時~ 50分程度

お申込みは、以下を添えて公式LINEよりメッセージ下さい。

・お名前フルネーム
・よみがな
・お住まいの地域(例「茅ヶ崎市浜竹」)

=====

冬至は12/22の6:48

その直前に、浄化して軽くなりましょう✨

巡楽的・大祓式⛩

受けて下さる方の2023年が

最善最良で、万事好都合でありますよう。

その前に、

しっかりと閉じる扉は閉じて。

しっかりと片付けて。

「完了」しましょう。

それらが促進されますよう
祓い清めのヒーリング✨

【ご確認下さい】遠隔当日の流れ

冬至(直前)の 2022.12.21(木)22時

お時間になりましたら、ゆったりとできる環境にいらしてください。
なるべく、自分の心地よい状態を作りだしてください。

「巡楽の山崎より、遠隔レイキを受取ります」などと

心の中で宣言してください。

「受け取る」という意思表示があるとより良いのです。

あとは、ゆったりお過ごしください。 

50分程度、レイキを流します。

氣になるところがあれば、
ご自分の手をそこに当ててあげてください。

あなたの手からもレイキエネルギーは少なからず出ています。

ご自分の手のぬくもりを感じ、
自分を労わってあげてください。

手放したいものがあれば、
「私はこのヒーリングを受けて以降、スムーズに○○を手放します」などと
宣言しても良いでしょう。

そのまま眠ってしまって構いません。

むしろ、睡眠との相乗効果があると思います。

何も感じない方もいらっしゃるかもしれませんが大丈夫です。

まだ巡楽で独立する前から、一斉遠隔をやっていて、
エネルギーが届いていることは確信できます。

次の日は、浄化を促進するために
水を多めに摂取したり、
入浴や運動で汗をかくことをオススメします。

冬至なので、神社などにお参りされるのも良いですね。

年末は1年の感謝のお参りを。

どうぞ氏神様や
よく行く神社さんにご参拝ください。

✨お勧めの開運行動✨
「神恩感謝(しんおんかんしゃ)」とポチ袋に書いて
1年過ごせたことの、お礼のお賽銭を納る。
オススメです✨

自分が癒し手になる!ヒーリングハンドになる、巡楽*Reiki
伝授講座(アチューメント)ヒーラーコース詳細はコチラ♪

伝授講座ご希望の方にはとってもお得な
講座まとめてお申込みで割引キャンペーンやっています!
2022年12月末までのお申込みで有効です。
期限迫っています!お早めにお申込みください。
詳細はコチラから

目次